トップページへ戻る 私たちの考え方 一般整備・修理 架装・特装・改造 会社案内
販売/株式会社 光 販 車検・法定点検 鈑金・塗装 環境保全への取り組み コンタクト
保険/E.I.A
□当社の環境保全への取り組み □エコ車検のご案内 □エコ・メンテナンスのご案内 □エコ・オイルのご案内
□代替フロンのご案内 □ディーゼル車対策のご案内
ホーム >> 環境保全への取り組み >> 代替フロンのご案内
   
青い空、澄んだ空気のためにできること。
  現在では新車のカークーラー(エアコン)にはフロン134aというガスが使用されていますが、約10年ほど前までのクルマには、特定フロンR12というガスが使用されていました。この特定フロンR12は、空気中に放出されると分解されずに成層圏にまで到達し、太陽からの強い紫外線を受けてフロンが光分解し塩素を放出させてオゾン層を破壊してしまうことが明らかになりました。オゾン層の破壊は、地球温暖化、熱帯雨林の減少、海面の上昇等、さまざまな地球規模の環境問題の原因となっていることは周知の事実です。そのため、1995年末に世界的に製造が禁止されました(使用自体は未だ禁止されていません)。実際上1993〜1994年あたりを境にしてカーエアコンは134a仕様に切り替わっています。R12と134aのガスに互換性はありませんので、従来R12を使用していたクルマでは、通常そのままR12を使わざるを得ませんが、製造中止で在庫の補充もありませんので、その価格も年々上昇しているのが実情でした。
当社は、オゾン層破壊防止の視点とユーザーの利便性の視点から、特定フロンR12の代替となるガスを模索しておりました。そして、「ISCEON49(アイスオン49)」に辿り着きました。ISCEON49は、イギリスのスターリフリジレーション社とフランスのローディア社が共同で開発したR12の代替冷媒です。ISCEON49は、オゾン層破壊係数が0であるとともに冷媒特性がR12に近く、現在のエアコン装置にそのまま使えるドロップインタイプの冷媒です。
フロンR12をご使用のユーザーの方でも、安心してお気軽にISCEON49に変更していただくことができます。
■ISEON49の特徴
 

○オゾン層破壊係数ゼロ。地球にやさしい新冷媒です。
○従来のエアコンにそのまま使用できます(R12だけでなくR134aにも使用できます。)
○冷媒特性はR12と近似しており高性能です。R134aよりも20%程度能力が高くなります。
○米国ASHRAE(米国暖房冷凍空調エンジニアリング協会)に登録された信頼できる冷媒です。
○米国UL試験により不燃性で低毒性であることが実証されています。


代替フロンのご利用については、当社へお気軽にご相談下さい。


□当社の環境保全への取り組み □エコ車検のご案内 □エコ・メンテナンスのご案内 □エコ・オイルのご案内
□代替フロンのご案内 □ディーゼル車対策のご案内
株式会社 永光自動車工業 / 永光グループ Copyright (C) 2006 Eiko Automobile Co.,Ltd. / Eiko Group. All Rights Reserved.