トップページへ戻る 私たちの考え方 一般整備・修理 架装・特装・改造 会社案内
販売/株式会社 光 販 車検・法定点検 鈑金・塗装 環境保全への取り組み コンタクト
保険/E.I.A
□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
ホーム >> 一般整備・修理 >> クルマの一般的な消耗品 >> ブレーキフルードの交換時期
■エンジンオイル
□エンジンオイルの役割・種類
□エンジンオイルの交換時期
■オイルエレメント
□オイルエレメントの役割・種類
□オイルエレメントの交換時期
■バッテリー
□バッテリーの役割・種類
□バッテリーの交換時期
■タイヤ
□タイヤの役割・種類
□タイヤの交換時期
■ブレーキパッド
□ブレーキパッドの役割・種類
□ブレーキパッドの交換時期
■ブレーキフルード
□ブレーキフルードの役割・種類
□ブレーキフルードの交換時期
■ワイパー
□ワイパーの役割・種類
□ワイパーの交換時期
■ウインドゥウオッシャー液
□ウオッシャー液の役割・種類
□ウオッシャー液の交換時期
■冷却水/クーラント
□冷却水/クーラントの役割・種類
□冷却水/クーラントの交換時期
■ファンベルト等
□ファンベルト等の役割・種類
□ファンベルト等の交換時期
■スパークプラグ
□スパークプラグの役割・種類
□スパークプラグの交換時期
■エアクリーナー
□エアクリーナーの役割・種類
□エアクリーナーの交換時期
■クラッチオイル
□クラッチオイルの役割・種類
□クラッチオイルの交換時期
■ミッションオイル/デフオイル
□ミッションオイル等の役割・種類
□ミッションオイル等の交換時期
■オートマオイル(ATF)
□オートマオイルの役割・種類
□オートマオイルの交換時期
■パワステオイル
□パワステオイルの役割・種類
□パワステオイルの交換時期
■クラッチ
□クラッチの役割・種類
□クラッチの交換時期
■ヘッドライト
□ヘッドライトの役割・種類
□ヘッドライドの交換時期
■ランプ類
□ランプ類の役割・種類
□ランプ類の交換時期
 
■ブレーキフルードの交換時期


一般的なブレーキフルードの交換時期は、一度オイルを交換してから、3万km走行したとき、または2〜3年経過したときと言われています。

ブレーキフルードの点検・交換時期は、車の車種や用途、使用状況によっても異なるといえます。
まずは街乗り、通勤、通学等が主な車の場合です。 ひと月毎あるいは3,000km毎の日常点検および1年毎(最長車検毎)の定期点検を行いましょう。 マスターシリンダのリザーバを覗いてブレーキ液面レベル、ブレーキフルードの汚れを点検します。液面レベル が「MINI」以下の時はブレーキフルードの漏れ、パッド摩耗などの点検を行ってからBFの交換をしてください。 ブレーキフルードは自然に蒸発したりするものではないので、くれぐれも点検もしないでブレーキフルードの注ぎ足しだけはやらないようにしてください。ブレーキフルードの変色、異物混入の場合はカップ、シールなどが破損している可能性がありますのでブレーキ点検、オーバーホール、 シール交換を行ってからブレーキフルードの交換をしてください。 なお、2年毎(初回3年)の車検時には、キャリパのオーバーホール、シールの交換も同時に行うことが好ましいといえます。
次は、降坂走行、海岸地域走行が主なクルマの場合です。街乗りより高温、多湿な環境ですので ブレーキフルードの劣化は早くなります。日常点検は街乗りと同じで結構ですが、定期点検、定期交換は1年 毎に必ず行うほうがよいでしょう。勿論オーバーホール、シール交換も同時に行ったほうが良いでしょう。
最後はスポーツ走行やサーキット走行をする場合です。 スポーツ走行するとブレーキフルードはかなり高温になりますので熱劣化が促進されます。従って、早め早めの点検、交換が必要になってきます。液面レベル、汚れ、沸点(水分量と密接に関係)などの点検をマメに行ってください。交換タイミングは走行条件によって大幅に違ってきますので一概に決めることができませんが、点検結果を見ながら早めに交換を心がけることがよいでしょう。

新品のブレーキフルードは透明で、劣化してくると茶色く変色したり、濁ってきます。
目視で判断できますので、安全を期すなら、少し透き通った程度の茶色をしているうちに交換したいところです。
なお、ピストンカップ(シール)が摩耗・劣化するとゴムが溶け出すことで黒く変色してきます。このため、もしも黒っぽく変色していたら要注意です。直ちに点検・交換しなければなりません。

□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
株式会社 永光自動車工業 / 永光グループ Copyright (C) 2006 Eiko Automobile Co.,Ltd. / Eiko Group. All Rights Reserved.