トップページへ戻る 私たちの考え方 一般整備・修理 架装・特装・改造 会社案内
販売/株式会社 光 販 車検・法定点検 鈑金・塗装 環境保全への取り組み コンタクト
保険/E.I.A
□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
ホーム >> 一般整備・修理 >> クルマの一般的な消耗品 >> エンジンオイルの交換時期
■エンジンオイル
□エンジンオイルの役割・種類
□エンジンオイルの交換時期
■オイルエレメント
□オイルエレメントの役割・種類
□オイルエレメントの交換時期
■バッテリー
□バッテリーの役割・種類
□バッテリーの交換時期
■タイヤ
□タイヤの役割・種類
□タイヤの交換時期
■ブレーキパッド
□ブレーキパッドの役割・種類
□ブレーキパッドの交換時期
■ブレーキフルード
□ブレーキフルードの役割・種類
□ブレーキフルードの交換時期
■ワイパー
□ワイパーの役割・種類
□ワイパーの交換時期
■ウインドゥウオッシャー液
□ウオッシャー液の役割・種類
□ウオッシャー液の交換時期
■冷却水/クーラント
□冷却水/クーラントの役割・種類
□冷却水/クーラントの交換時期
■ファンベルト等
□ファンベルト等の役割・種類
□ファンベルト等の交換時期
■スパークプラグ
□スパークプラグの役割・種類
□スパークプラグの交換時期
■エアクリーナー
□エアクリーナーの役割・種類
□エアクリーナーの交換時期
■クラッチオイル
□クラッチオイルの役割・種類
□クラッチオイルの交換時期
■ミッションオイル/デフオイル
□ミッションオイル等の役割・種類
□ミッションオイル等の交換時期
■オートマオイル(ATF)
□オートマオイルの役割・種類
□オートマオイルの交換時期
■パワステオイル
□パワステオイルの役割・種類
□パワステオイルの交換時期
■クラッチ
□クラッチの役割・種類
□クラッチの交換時期
■ヘッドライト
□ヘッドライトの役割・種類
□ヘッドライドの交換時期
■ランプ類
□ランプ類の役割・種類
□ランプ類の交換時期
 
■エンジンオイルの交換時期


エンジンオイルは使用している内に、砂埃、金属粉、スス、水分、燃料などの不燃物が混入したり、添加剤が消耗することなどにより、次第に低下していきます。その結果、エンジン性能が低下したり、さらに性能が低下すると、エンジンオイルとして機能しなくなり、摩耗が進行し、エンジンの焼き付き(壊れる)などの重大なトラブルの原因となります。

エンジンオイルはクルマのエンジンにとって非常に重要なものであり、人間でいえば血液と同様のものです。エンジンオイルは新鮮でキレイに越したことはありません。このようなことから、一般的には、走行距離 3,000 km毎 ( もしくは 3 ヶ月毎 ) に 1 回オイル交換を行うとよいとされています。
しかし、クルマの種類や乗り方等によっても左右されますので一概に交換時期を論ずることは適当ではありません。
スポーツカーなどの高回転型エンジンを搭載した車、ターボエンジン、スーパーチャージャー付エンジンを搭載した車のオーナーやエンジンを高回転まで使うオーナーは、2〜3,000km毎に交換した方がよいでしょう。
商用車や通勤や通学などに車を使用されている方は、走行10,000 〜 15,000 km毎 ( もしくは半年〜 1 年毎に 1 回 ) のオイル交換でもよいでしょう。
なお、たとえ車を長期間走らせなかった場合でも、エンジンオイルは酸化等による経年劣化がありますので、走行距離だけで判断することなく一定期間が経過したら、交換するようにしましょう。

交換時期の目安としては、距離や期間の他に目視があげられます。新鮮でキレイなオイルは、粘度が高く(粘りけがある)透明に近い色をしています。これに対して古いオイルは、粘度が低く、カーボンやスラッジ等で黒く汚れてきます。さらに症状が酷くなるとオイル中に細かな金属片やカーボンやスラッジ等のカスが混ざってしまってくることもあります。

□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
株式会社 永光自動車工業 / 永光グループ Copyright (C) 2006 Eiko Automobile Co.,Ltd. / Eiko Group. All Rights Reserved.