トップページへ戻る 私たちの考え方 一般整備・修理 架装・特装・改造 会社案内
販売/株式会社 光 販 車検・法定点検 鈑金・塗装 環境保全への取り組み コンタクト
保険/E.I.A
□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
ホーム >> 一般整備・修理 >> クルマの一般的な消耗品 >> タイヤの交換時期
■エンジンオイル
□エンジンオイルの役割・種類
□エンジンオイルの交換時期
■オイルエレメント
□オイルエレメントの役割・種類
□オイルエレメントの交換時期
■バッテリー
□バッテリーの役割・種類
□バッテリーの交換時期
■タイヤ
□タイヤの役割・種類
□タイヤの交換時期
■ブレーキパッド
□ブレーキパッドの役割・種類
□ブレーキパッドの交換時期
■ブレーキフルード
□ブレーキフルードの役割・種類
□ブレーキフルードの交換時期
■ワイパー
□ワイパーの役割・種類
□ワイパーの交換時期
■ウインドゥウオッシャー液
□ウオッシャー液の役割・種類
□ウオッシャー液の交換時期
■冷却水/クーラント
□冷却水/クーラントの役割・種類
□冷却水/クーラントの交換時期
■ファンベルト等
□ファンベルト等の役割・種類
□ファンベルト等の交換時期
■スパークプラグ
□スパークプラグの役割・種類
□スパークプラグの交換時期
■エアクリーナー
□エアクリーナーの役割・種類
□エアクリーナーの交換時期
■クラッチオイル
□クラッチオイルの役割・種類
□クラッチオイルの交換時期
■ミッションオイル/デフオイル
□ミッションオイル等の役割・種類
□ミッションオイル等の交換時期
■オートマオイル(ATF)
□オートマオイルの役割・種類
□オートマオイルの交換時期
■パワステオイル
□パワステオイルの役割・種類
□パワステオイルの交換時期
■クラッチ
□クラッチの役割・種類
□クラッチの交換時期
■ヘッドライト
□ヘッドライトの役割・種類
□ヘッドライドの交換時期
■ランプ類
□ランプ類の役割・種類
□ランプ類の交換時期
 
■タイヤの交換時期


タイヤは車と路面との唯一の接点だけに、タイヤの摩耗には十分に留意しておきたいところです。
タイヤの交換時期については、車種や用途、使用状況(乗り方)等によっても異なりますので一概には決められませんが、走行距離ですと一般的に8,000km〜1万5,000km前後で交換する必要があると言われています。

 少なくとも、次のようなよ場合には、直ちに交換する必要があります。

  1. スリップサインが現れた場合。
  2. タイヤのコードに達する外傷やゴム割れがある場合。
  3. サイドウォール部にピンチカットが現れた場合。

◎スリップサイン

スリップサインとは、タイヤの溝の底にある盛り上がった部分のことで、それはトレッド全周の4〜9カ所にあります。トレッドが摩耗して溝の深さが1.6mmになると、そこがトレッドと同じ高さになり、スリップサインが現れます。このサインが現れたときを、摩耗によるタイヤの使用限度としています。(法規制)
タイヤの摩耗が進行すると、運動性能が低下するだけでなく、雨の日の走行では排水性が低下し、最悪の場合ブレーキやハンドルが効かなくなるハイドロプレーニング現象が起きやすくなります。摩耗限度の目安であるスリップサインが現れたら直ちに交換しましょう。

◎ピンチカット

サイドウォールの一部に、盛り上がったような変形を発見したら、至急にタイヤ交換を行ってください。この変形は「ピンチカット」と呼ばれ、縁石に強く乗り上げた際などに、サイドウォール部が衝撃を受け、タイヤ内部のコードが切れてしまっている状態なのです。このまま走行を続けると大変危険です。

   
□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
株式会社 永光自動車工業 / 永光グループ Copyright (C) 2006 Eiko Automobile Co.,Ltd. / Eiko Group. All Rights Reserved.