トップページへ戻る 私たちの考え方 一般整備・修理 架装・特装・改造 会社案内
販売/株式会社 光 販 車検・法定点検 鈑金・塗装 環境保全への取り組み コンタクト
保険/E.I.A
□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
ホーム >> 一般整備・修理 >> クルマの一般的な消耗品 >> 冷却水/クーラントの役割・種類
■エンジンオイル
□エンジンオイルの役割・種類
□エンジンオイルの交換時期
■オイルエレメント
□オイルエレメントの役割・種類
□オイルエレメントの交換時期
■バッテリー
□バッテリーの役割・種類
□バッテリーの交換時期
■タイヤ
□タイヤの役割・種類
□タイヤの交換時期
■ブレーキパッド
□ブレーキパッドの役割・種類
□ブレーキパッドの交換時期
■ブレーキフルード
□ブレーキフルードの役割・種類
□ブレーキフルードの交換時期
■ワイパー
□ワイパーの役割・種類
□ワイパーの交換時期
■ウインドゥウオッシャー液
□ウオッシャー液の役割・種類
□ウオッシャー液の交換時期
■冷却水/クーラント
□冷却水/クーラントの役割・種類
□冷却水/クーラントの交換時期
■ファンベルト等
□ファンベルト等の役割・種類
□ファンベルト等の交換時期
■スパークプラグ
□スパークプラグの役割・種類
□スパークプラグの交換時期
■エアクリーナー
□エアクリーナーの役割・種類
□エアクリーナーの交換時期
■クラッチオイル
□クラッチオイルの役割・種類
□クラッチオイルの交換時期
■ミッションオイル/デフオイル
□ミッションオイル等の役割・種類
□ミッションオイル等の交換時期
■オートマオイル(ATF)
□オートマオイルの役割・種類
□オートマオイルの交換時期
■パワステオイル
□パワステオイルの役割・種類
□パワステオイルの交換時期
■クラッチ
□クラッチの役割・種類
□クラッチの交換時期
■ヘッドライト
□ヘッドライトの役割・種類
□ヘッドライドの交換時期
■ランプ類
□ランプ類の役割・種類
□ランプ類の交換時期
 
■冷却水/クーラントの役割・種類


車のエンジンは高圧高温で駆動するため、常に過熱された状態になります。エンジンは使用材料の強度上の問題や可動部分の潤滑油をある一定の温度以下に保つ必要があるため、エンジンを冷却しなければなりません。
エンジンの冷却方式には空冷式と水冷式の二つがありますが、現在は冷却効率にすぐれた水冷式がほとんどです。冷却水は水冷冷却装置に用いられ、エンジンの冷却装置を構成している金属やゴム類などの腐食や老化、錆を防止し、不凍効果も兼ね備えています。その他に、ATF(オートマチックフルード)の冷却、ターボ過給機の冷却も行ない、適正な温度域を保つよう働きます。

冷却水には「エンジンの各部を循環して冷却を行う」という大切な役目がありますが、エンジンは金属でできているため、単なる水ではサビが発生してしまいます。
さらに、気温が−30℃などといった寒冷地でも使われるため冬場には凍結して体積が増加し、ウォータージャケットやラジエターなどがパンクするといった問題も生じるおそれがあります。
このような不都合を防止するため、冷却水には凍結と錆を防止する働きを持った「LLC」(ロングライフクーラント)が使用されています。これは一般的に2年間交換が不要な不凍液の一種で、凍結防止温度は水との混合比率によって調整することが可能となっています。
このため、LLCは「原液」と「補充用」の2種類の形態のものがあります。前者は「水道水」で必要な濃度に薄めて使用するもので、交換時などの多量に使用するときに使用します。後者はそのまま注入できるよう予め適当な濃度に薄められており、補充時といった少量の使用に向きます。

冷却水(クーラント)はJIS(日本工業規格)で基準が定められています。成分はエチルグリコールに数種類の添加物を加えたものです。

【クーラントの種類】
 (1)クーラント・・・年内通して使用できるオールシーズン型
 (2)不凍液・・・・・一冬かぎりのもの

【クーラントの色】
 (1)トヨタ・ダイハツ系・・・赤色
 (2)それ以外・・・緑色

□ 当社の整備・修理について □ エコ・メンテナンスについて □ クルマの一般的な消耗品 □ クルマの診察室 □ 職人の技と道具
株式会社 永光自動車工業 / 永光グループ Copyright (C) 2006 Eiko Automobile Co.,Ltd. / Eiko Group. All Rights Reserved.