トップページへ戻る 私たちの考え方 一般整備・修理 架装・特装・改造 会社案内
販売/株式会社 光 販 車検・法定点検 鈑金・塗装 環境保全への取り組み コンタクト
保険/E.I.A
□ 車検の際にご用意いただくもの □ 車検費用(基本整備料・諸費用)一覧 □ 車検のすべて(車検制度や内容について)
□ エコ車検のご案内 □ 定期点検について
ホーム >> 車検・法定点検 >> 検査と点検・整備

● メインメニュー

● 検査の目的・役割

● 道路運送車両法からみる車検制度

● 検査の種類と有効期間

● 検査項目(指定点検整備項目)

● 自動車検査証(車検証)

● 検査標章(ステッカー)

● 検査と点検・整備/ユーザー車検(代行)とは

● 車検の際にご用意いただくもの

● 車検費用(基本整備料・諸費用)一覧

● 自動車重量税一覧

● 自賠責保険料一覧

● エコ車検のご案内

● 定期点検について

 
 

■ 検査と点検・整備

車検はあくまで検査時点での「検査」で「安全整備」とは無関係です。

自動車の検査は、国が一定期間(1年または2年)ごとにチェックを行うもので、検査時において保安基準・環境基準に適合しているかどうかを確認するものです。
その意味では「ユーザー車検」(ユーザー自ら陸運支局等に車を持ち込んで検査を受けること)が、道路運送車両法の想定する「車検」ともいえます。
もっとも、一般的には整備工場等で行われている点検整備とセットとなった検査を指して「車検」と呼ぶことが多いのが現実です。
規制緩和の流れの中で道路運送車両法が改正され、それまでは点検整備を事前に行わなければ検査を受けることができなかったのですが、改正後は点検整備は検査後でもよいことになりました。つまり、現在では点検整備をしていなくとも検査を受けることができるのです。
しかし、検査は次回の車検までの保証ではありません。あくまでもその時点での基準適合性を判断するにすぎません。
検査時点だけの安全性ではなく、次回の検査までの期間の安全性を考えるのであれば、やはり従来通り点検整備とセットで検査を受けることが「車検」だと当社では考えています。
もちろん、当社での「車検」は保安基準・環境基準に適合するよう経験豊かなプロのメカニックによる「点検・整備」をした上で「検査」をしておりますし、整備保証も付きます。検査後における安全性についても安心です。

自動車の点検・整備とは、自動車の保守管理責任はユーザー自身にある(自己管理責任)ことから、ユーザーが自らまたは整備工場等で必要な時に点検し、その結果に基づき必要な整備を行うことを意味します。
道路運送車両法の改正により検査(車検)と点検・整備は直接リンクするものではなくなりましたが、これは点検整備をしなくともよいということではなく、「検査時の点検整備」という概念から踏み出して自動車ユーザーに「適時点検整備の実施」(日常点検および定期点検の実施)を新たに義務づけたものです。
そうはいいましてもなかなかユーザー自ら常に的確に点検整備することは困難です。最低限、「検査時」にはプロによる点検整備を実施する必要性がこれまで以上に大きくなったといえます。

■ ユーザー車検(ユーザー車検代行)とは

ユーザー車検はユーザ自ら陸運支局等に車を持ち込んでテスターラインに乗せ検査を受ける方法です。ユーザー車検代行業は、手数料を取ってユーザーの代わりに持ち込む商売です。
検査は、検査時点で保安基準や環境基準に適合してさえすれば、たとえ翌日にエンジンブローを起こそうとも合格することが可能です。乱暴な言い方ですが、エンジンオイルが空っぽでも検査には通ってしまったりもします。
「検査」は、保安基準や環境基準に適合するように行う「点検」や消耗品の交換作業、調整作業といった「整備」とは実は全くの別物なのです。
一般的に安いと言われている「ユーザー車検」は、点検・整備を行わずに「検査」だけを受けることから費用を抑えることができるのです。(というよりも何もしないので安いのは当然です。) 「ユーザー車検代行」に至っては、点検・整備も行われないのに代行手数料を取られてしまいます。その代行手数料にほんの少しのプラスアルファでプロのメカニックによるしっかりとした点検・整備が受けられますのに、大変もったいないなぁと考えてしまいます。
ユーザー車検(代行)といいましても、点検・整備付車検と比べて安くなるのは、点検・整備料だけです。その他の費用(検査費用、重量税、自賠責保険料など)は全く同じですから、実のところ金額的な違いは小さなものです。代行業者の場合には、余計に代行手数料が取られますので、さらにその差は小さくなってしまいます。その程度の違いで、点検・整備をしっかりと行った場合にもたらされる安全性・安心感を捨ててしまうのはいかがなものでしょうか。
このように考えてきますと従来一般に「安い」と思われがちな「ユーザー車検」ですが、決して安いわけではなく、むしろ結果的に高くついてしまうことが多いのが事実です。
自動車のメカに対する造詣が深く、ご自分でしっかりと点検・整備できる方でない限りは「ユーザー車検」や「ユーザー車検代行」はおすすめできません。

 
□ 車検の際にご用意いただくもの □ 車検費用(基本整備料・諸費用)一覧 □ 車検のすべて(車検制度や内容について)
□ エコ車検のご案内 □ 法定点検について
株式会社 永光自動車工業 / 永光グループ Copyright (C) 2006 Eiko Automobile Co.,Ltd. / Eiko Group. All Rights Reserved.